HOW TO USE

アセチノの使い方

アセチノの使い方
(お腹編)

アセチノを使ってお腹をケアする方法を、動画で分かりやすくご紹介します。
もみ出し、押し流しでしっかりケアしましょう!

アセチノでお腹を揉み出す!正しい方法

1.あばら骨の下を「ハ」の字に流す

あばら骨の下を「ハ」の字に流す

まずはあばら骨の下を、「ハ」の字を描くようにわき腹の方向へ滑らせて流していきます。あまり力を入れず、気持ちのいい強さで流していきましょう!また、骨に当たらないようにご使用ください。

2.おへそ周りを時計回りに揉み流す

おへそ周りを時計回りに揉み流す

次に、おへその周りを時計回りに押し流していきます。おへそには直接あたらないようにお使いください。しっかりと押し流すイメージをしながら使っていきましょう。

3.おへその下を揉み流す

おへその下を揉み流す

おへその下あたりを小さな円を描きながら揉み流します。小刻みに刺激を与えるように揉み流していきましょう。ここでも、おへそに当たらないように注意してください。

4.下腹へ押し流す

下腹へ押し流す

最後に、手を添えながら下腹へ押し流します。手とアセチノ、両方をしっかりと使って押し流すのがコツです。息をはきながら使うのがおススメ。

まとめ

お腹のケアは、数カ所に分けて揉み出すことと上から下へ押し流していくことがポイント。
薄着でボディラインが気になる夏場はお部屋で。寒くなったらお風呂で使うとおススメです!

使い方のポイント注意点
・1回5分、全身30分の使用が目安となります。
・骨に当たらないように使用します。
・衣類の上からの使用は避け、肌へ直接使用するようにします。
・必要以上に強く押しつけるとお肌をいためる原因になります。心地よく感じるくらいの強さで当てましょう。
ページトップへ