特集special

髪の悩みが気になる方必見!自分でできる頭皮のセルフチェック法

毛髪診断士・美容家齊藤あき

みなさん、こんにちは。毛髪診断士の齊藤あきです。
美しい髪は女性にとって永遠の憧れですよね!しかし、年齢と共にハリ・コシ・ボリュームがなくなってきます。その原因は、頭皮が関係している事をご存じでしょうか? 髪の畑は頭皮です。健康な髪を育むには、畑である頭皮を健康に保つ事です。そして、大切なのが自分の頭皮の状態を知ること。今回は、自分で手軽にできる頭皮チェック法をご紹介したいと思います。

そもそも健康な頭皮とは!?

頭皮とお肌は一枚の皮膚でつながっています。健康な頭皮とは、お肌と同様に「潤い・弾力・透明感」のある頭皮です。頭皮が清潔に保たれ、水分と皮脂バランスが整い、血行が良い状態の事を言います。また、髪や頭皮は“健康のバロメーター”とも言われ、体の健康状態が現れやすい部分です。頭皮にかゆみや赤味などがある場合は、健康状態も見直してみましょう。

自分でできる! 頭皮のセルフチェック法

1. 頭皮の色でチェック

自分の肌は鏡でチェックしているけど、頭皮はチェックした事がない方も多いのではないでしょうか? 合わせ鏡で、ぜひ自分の頭皮をチェックしてみてください。

健康な頭皮の色......白か青色で透明感がある

頭皮が清潔に保たれ、適度な潤いがあり血流も良い状態です。

不健康な頭皮の色......黄色、赤味のある頭皮

・黄色の頭皮
黄色い頭皮は、酸化皮脂や角質が溜まっている証拠です。また、油の過剰摂取も関係しています。 洗髪がきちんと出来ていない場合が多いので、シャンプーの際は、指の腹できちんと洗うようにしましょう。また、週に2~3回はシャンプー前のオイルケアも効果的です。頭皮に負担をかけずに、溜まった皮脂や角質を落とす事ができます。その他、揚げ物や脂身の多いお肉は控え色とりどりの野菜を摂取しましょう。

・赤味のある頭皮
頭皮の乾燥や炎症、血行不良、ストレス、睡眠不足が関係しています。赤味のある頭皮は、頭皮や体の免疫力が低下している証拠です。ひどくなると、抜け毛を引きおこす場合もありますので注意が必要です。洗浄力の強いシャンプー剤は控え、アミノ酸系のシャンプーで優しく洗いましょう。また、免疫力を高めるビタミンB群(豚肉や、玄米、キノコ、緑黄色野菜など)や、良質な油を意識して摂取しましょう。青魚は、頭皮の炎症を抑える必須脂肪酸(オメガ3)や肌に必要なたんぱく質が多く含まれています。その他、入浴や運動などで体を温め、質の良い睡眠をとるようにしましょう。

ブラッシングしている女性

2.頭皮の硬さでチェック

頭皮の硬さは血行不良と関係しています。髪の栄養源は血液ですので、頭皮が硬いと髪に栄養が届かなくなります。頭皮の硬さも、ぜひチェックしてみましょう。

チェック法
ボールを持つように、両手を頭皮に密着させ指で頭皮を上下、左右に動かしましょう。このとき、頭皮がスムーズに動かない場合は頭皮が凝り固まっている証拠です。また、全体を指で動かしてみて、痛みがある箇所も血流が滞っています。
頭皮が硬い方は、マッサージで血流を促進する事が大切です。シャンプー時でも、お風呂上りでも、TVを見ながらでも構いません。頭皮を動かす習慣をつけましょう。また、頭皮が硬い方は肩こりや冷えがある方が多いです。ストレッチや運動などで内側から体を温め血行を促進するようにしましょう。食事も体を温める陽の食材(ショウガや、カボチャ・玉ねぎなどの根菜類、ナッツ類)もおすすめです。

ブラッシングしている女性

いかがでしたか?頭皮の状態を意識し改善することは、髪だけなく体にも良い影響を与えます。普段目に見えない場所だからこそ、この機会にチェックしてみてくださいね♪