特集special

ヘアケアに適したブラシとは?

株式会社エル・ド・ボーテ 代表取締役田村マナ

みなさん、こんにちは。美髪アドバイザーの田村マナです。今回はブラシの種類についてお話しします。

ふんわりとやわらかなウェーブヘアが流行っている昨今、ブラシで髪のセットをする方が少なくなってきました。テレビに出るような有名な女優さんでさえブラシを持ってない!なんてことも耳にします。ブラッシングは髪の絡まりを解いたりヘアセットをするために使用するものではなく、実は日頃のヘアケアとしてとても大切な役割を担っているのです。 そこで、今日は皆様におススメのブラシとその効果をお話ししたいと思います。

一昔前はシャンプーを頻繁にすることが出来なかったということもあり、ブラッシングがとても重要視されていました。夜寝る前には必ず鏡台の前に座り、丁寧にブラッシングをするのが当たり前の習慣になっていました。

ブラッシングをすることで髪や地肌の汚れを落とすシャンプーのような効果と、髪のキューティクルを整え毛穴から出てくる自分の皮脂を髪になじませ艶を出していたのです。意外かもしれませんが、ブラッシングには汚れを落としたり、艶髪を作ったりする効果があるのです。

ヘアケアに適したブラシとは!?

お店に行くと今やブラシの種類が豊富なのに驚きます。
オイルが含まれたものや、シリコン製のブラシ、つげ櫛に動物毛のブラシと素材も形も様々です。その中で今日はヘアケアに適したブラシをご紹介します。

まずはこちらのタイプ。

ブラシについて

毛先が丸く、程よい柔らかさがあるタイプ。
このブラシは毛穴の皮脂や角質などシャンプーだけではなかなか取れにくい汚れを落としてくれるのにとても役に立ちます。
シャンプー前の乾いた状態の時に髪と地肌を優しくブラッシングするときに使用します。
シャンプー前にブラッシング?と不思議に思われる方もいらっしゃれるかもしれませんが、シャンプー前のブラッシングって実はとても大切なのです。
頭には髪の毛が10万本もあり、とても洗いにくい場所。
私が今まで1万名以上もの地肌を見てきてきちんと洗えている人は実に数パーセントしかいない程。
シャンプー前にブラッシングをすることで少ないシャンプー剤でも髪と地肌の汚れが綺麗に落ちます。髪や地肌への負担もとても少なくてすみますから、是非取り入れていただきたい習慣です。

次にこちらのタイプ。

ブラシについて

天然の動物毛のブラシ。こちらのタイプは一つの毛穴からブラシの毛が束になっているので、髪の毛一本一本の細かなケアをするのに優れています。また、ブラシの毛には動物の毛を使用しているので、ブラシ自体に水分や油分を含んでいるので髪に優しく艶がでます。髪のキューティクルのケアができるのがこのタイプです。
ドライヤーで髪の毛を乾かした後や外出前に優しくなでるように数回ブラッシングをするだけで驚くほど髪が滑らかになり艶が出てくること間違いなし。
艶のある髪は見た目にきれいだけではなく、ダメージを受けにくく、髪のパサつきやごわつきを防いでくれるので是非日頃のケアに取り入れてください。