特集special

2016秋の衣替えトレンドヘアスタイル

トータルビューティーサロン「Roops」代表上妻正人

こんにちは。南青山のトータルビューティーサロン「Roops」代表、上妻正人です。

まだまだ暑さの残る季節ですが、9月に入り、ヘアスタイルやファッションにはしっとりとした秋の季節感が恋しくなってきませんか?
2016年秋のトレンドとして、みなさんにおすすめしたいのは、ドライな質感とまとまりや太さ、厚みのあるスタイルです。全体のスタイルとして、毛先に向けて先細るのではなく、しっかりと厚みのあるボリューム感を持ちながらも、そのなかでの毛先の流れや遊びを作ることで、夏とはがらりと変わった秋の季節感を演出してみてはどうかと思います。

そこで今回は、この秋、そんな季節感とエッセンスを加えてみなさんがセルフでできるアレンジスタイルを、ミディアムとロングでご紹介してみたいと思います。

秋の衣替えトレンドスタイル【ミディアムヘア編】

まずミディアムアレンジからご紹介していきましょう。
このスタイルではまず全体をコテで平巻きにしていきます。コテをほぼ髪に平らに当てて巻き、動きをつけます。
夏を脱した秋らしさは、髪全体のボリュームの厚みで変化をつけていきます。厚みとは、レイヤーのないスタイルから出るものですが、全くのワンレングスでは、ただ重たいだけのスタイルに陥ってしまいます。夏の軽いレイヤーとは異なる厚みのあるスタイルの中に、毛先の動きを出していくことを意識して、巻きに変化と遊びをつけていきます。

コテで平巻きに

スプレー使いでフロントを立体的に。

前髪はブラシを使ってドライヤーで軽く内巻きにします。
次に前髪のトップの毛束をくしゃっとつまみ上げるようにして細かくスプレーし、立体感を出していきます。

フロントを立体的に

最後にワックスなどで、ランダムに毛流れを遊ばせて完成です。ポイントメークにもカーキやチョコレート、ボルドーなどの秋のエッセンスをプラスして。

完成

秋の衣替えトレンドスタイル【ロングヘア編】

次にロングヘアでのポイントをご紹介します。グッといい女度がアップする2つのテクニックです。
1つめが中間巻き。毛束を取り、毛束の真ん中あたりにコテを当て、裾に向かって2~3巻き。これを繰り返します。
髪がランダムなウェーブを描き、女性らしい丸みのあるスタイルを作ります。

中間巻き

2つ目が根元逆ドライヤー。
完成時の分け目とは逆の分け目の側からドライヤーをあて、手ぐしで根元を立ち上げるようにします。次に分け目を元に戻し、手ぐしで毛流れを整えると、トップに自然な立ち上がりが生まれます。

根元逆ドライヤー
完成

完成スタイルを見ると、毛先にまで厚みのあるこっくりとしたスタイルが秋らしいということがよくわかりますよね。
フェイクのスエードやツイードなどの秋素材をファッションにも取り入れるなどして、一足早い季節感をたのしんでください。

今回は、秋の衣替えトレンドヘアをご紹介してまいりましたが、心身共に健康な生活から生まれるツヤある美しい髪からしか、キレイなヘアスタイルは生まれません。
夏のダメージを残さぬよう毎日のケアも大切に、素敵な秋をお過ごしください。