特集special

どうして白髪が増える?......白髪のできる原因と対策法3つ

毛髪診断士・美容家齊藤あき

みなさん、こんにちは。毛髪診断士の齊藤あきです。

見た目年齢を一気に老けさせる白髪。黒髪の中にキラッと光る白髪を見つけてショックを受けた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
残念ながら白髪は老化現象のはじまりです。放っておくと徐々に増えていきますので、早めのケアがとても大切です。また、白髪は日々の食事や生活習慣も大きく関係していますので自分自身の生活も見直してみましょう。

白髪ができるメカニズムとは

私たちの髪は、もともとは白色で髪が成長する過程で黒色になります。髪を黒くするのが、メラノサイトと呼ばれる“色素細胞”です。色素細胞は、メラニン色素(黒色)を作りだして髪に色をつけています。若いうちは、活発に働いている色素細胞も加齢と共に減少し機能が低下していきます。そうすると、髪に色を付ける事ができなくなり徐々に白髪となって現れます。

また、白髪はチロシナーゼという酵素も大きく関係しています。
チロシナーゼは、メラニン色素を作る際に欠かせない酵素ですが30代後半から減少していきます。

白髪が増える要因とは!?

白髪は加齢だけでなく、下記の要因も関係しています。

1.血行不良

中国の漢方医学では、髪の事を血余(けつよ)といいます。その名の通り、髪の毛は血の余りで出来ており、黒く美しい髪を育むには十分な血液が必要ということです。
血流が悪くなると髪に栄養が届かなくなるため白髪が出来やすくなります。
冷え性の方や、長時間同じ姿勢でパソコンをする方は血流が悪くなりがちなので注意が必要です。また、強いストレスも血管を収取させるため白髪を引き起す要因となります。

2.食生活の乱れ

髪の毛の栄養源である血液は、普段私たちが口にしているものから作られています。偏った食事や無理なダイエットをしていると、髪に十分な栄養が届かず色素細胞の働きも悪くなり白髪ができやすくなります。

3.紫外線などによる外的ダメージ

頭皮への外的ダメージも白髪が増える大きな要因になります。そのうちの一つが紫外線。紫外線量は貯金箱のように蓄積され毛根にまでダメージを与えます。また、カラーリングや白髪染めを頻繁にしている方も頭皮へのダメージが強く白髪ができやすい傾向にあります。

ブラッシングしている女性

白髪を予防する3つの習慣

1.頭皮の血行を促進する

白髪予防に一番大切なのは、色素細胞(メラノサイト)に栄養をきちんと届ける事です。そのためには血行を促進することが最も重要になります。冬場は特に血流が悪くなりがちです。毎日きちんとお風呂で体を温め頭皮を揉み解すようにマッサージしましょう。マッサージは、シャンプー時や入浴後など体が温まっている時がおすすめです。また、血行を促す育毛剤を一緒に使用するとさらに効果が高まります。

2.色素細胞を活性させる食事を取り入れる

色素細胞(メラノサイト)の原料となるのが、チロシンと呼ばれるたんぱく質です。必須アミノ酸のため食材からきちんと摂取する必要があります。チロシンは、鯵や秋刀魚などの青魚、乳製品、大豆製品、玄米などに多く含まれます。その他、メラニン色素の合成に欠かせない酵素チロシナーゼも必要です。チロシナーゼは、銅などミネラルに多く含まれます。食材ではカニやエビなどの甲殻類、大豆製品、プルーンや干しぶどうなどの果実類に多く含まれます。

ブラッシングしている女性

3.リラックスタイムを取り入れる

体や精神がリラックスしている時は、副交感神経が優位になり血行が促進され細胞の修復機能が高まります。また、ストレスを解消し睡眠の質も良くなります。髪は睡眠中に生まれ変わりをしているので、就寝前のリラックスタイムは特に大切です。スマホやパソコンは控え、好きな音楽を聴いたりアロマを炊いたり、リラックスできる時間を取り入れてみましょう。

ブラッシングしている女性

白髪は、きちんとケアする事で黒くなる場合もありますし、白髪が増えないように進行を遅らせる事は可能です。是非、今日から実践してみてくださいね♪