レイボーテシリーズ

美容理論に基づいた最速ムダ毛ケア・レイボーテRフラッシュシリーズは売上№1レイボーテRフラッシュシリーズは売上№1

レイボーテシリーズイメージ
美容理論に基づいた最速ムダ毛ケア・レイボーテRフラッシュシリーズは売上№1

Lineup

光でのムダ毛ケアとは?

レイボーテのフラッシュは
ムダ毛だけに届く

光でのムダ毛ケアとは、黒色に反応して集中照射する光(フラッシュ)を肌にあて、ムダ毛にダメージを与えます。また一般的なフラッシュはムダ毛をケアする波長だけを含んだフラッシュを使用していることが多く、使用した後にジェルや保湿で肌のケアが必要なことも。

レイボーテのフラッシュはお肌のダメージを抑えながらムダ毛だけに集中アプローチ。黄色は肌、黒はムダ毛をイメージした風船にレイボーテのフラッシュを当てると黄色の風船は割れず、黒い風船だけにフラッシュが届き、風船が割れます。肌を守りつつ、ムダ毛だけにパワフルなフラッシュを届かせることが可能です。

風船での実験

レイボーテシリーズのフラッシュは
ムダ毛と美肌を同時にケア

お肌に良い影響を与える
可視光線580nm付近の波長を含んだ
キセノンフラッシュを採用

レイボーテシリーズに搭載しているフラッシュはムダ毛ケアのフラッシュだけでなく美肌ケアできる波長も含んでいます。日本人のお肌に合わせて開発しているので、よりお肌にやさしく効率的なお手入れが行え、毛穴が目立たないつるすべ美肌を目指せます。

レイボーテフラッシュの波長域

またエステサロンのフラッシュは照射するスピードが速く、脚や腕などの広い部位でも数分で終わることも。レイボーテシリーズはエステサロンのようなスピードを実現。最短で0.2秒の連射で、セルフケアでもエステサロンのような時短ムダ毛ケアを可能にしました。カミソリだと毎回肌の乾燥が気になるし、またすぐに生えてきてしまう、抜くと痛みを感じることも多い、そんな方には光でのムダ毛ケアがオススメです。

レイボーテフラッシュの波長域

光美容 - 580nm付近の
波長とは

光には色々な種類があります。
よく知られている紫外線は、
お肌にダメージを与える光。お肌に良い影響を与えるのは可視光線です。
その中でもヤーマンは580nm付近の波長領域に注目しました。

580nm付近の波長

おうちで光美容器を使ったムダ毛ケアとは?

ケアの頻度

おうちで光美容器を使ってムダ毛ケアをする時も、ボディなら最初の2か月間は2週間に1回程度、3か月目以降は4~8週間に1回程度であてるのがオススメです。

またフラッシュをしっかり届かせるために、肌より上に出ている生えている毛はシェーバーで剃ってからフラッシュをあてましょう。

腕
脚
ワキ
ワキ
顔
ビキニライン
ビキニライン

セルフケアでは心配?

レイボーテシリーズはエステサロンや業務用機器でも使われている「キセノンフラッシュ」を搭載。セルフでのムダ毛ケアでもムダ毛の気にならないつるすべ肌が目指せます。

さらにヤーマン独自の「インテリジェントローラー」を搭載している光美容器なら転がすことでフラッシュ連射が可能! 同じ部位に繰り返し当ててしまうオーバーケアを防ぎます。

おうちでラクラクムダ毛ケア方法

ムダ毛を剃る

あらかじめ、お手持ちのシェーバーでムダ毛を剃ります。

あてて転がす

レイボーテの照射口をお肌にあてて転がします。肌にゲルなどを塗る必要はありません。 ※部位によっては単発で

つるすべ肌に!

繰り返し使用することでつるすべ肌に!

オススメのシェーバーはこちらハリウッドブロウザー

さっと剃るだけ、むきたまご肌で素肌に自信!

ハリウッドブロウザー
Hollywood Browser

詳しくはこちら

実現できるのは“ヤーマン”だから

YAMAN

エステサロンの
美容機器を長年販売
ヤーマン株式会社は、エステサロンをはじめとした美容業界に専門の美容機器を長年販売してきました。
レイボーテシリーズは、美容機器専業メーカー ヤーマンが業務用美容機器のクオリティを家庭用機器に応用して開発した、ホームケア用光美容器です。
ご自宅のケアで、安全かつ手軽に、サロンのようなきれいな仕上がりを目指すことを実現しました。

開発者のこだわり

ストレスのないムダ毛ケアをお届けするために
試作を重ね、最速約0.2秒の高速フラッシュを実現
ムダ毛ケアは面倒だしやりたくないけど、サボれない。
そんなお客様の気持にお応えするために、せめてストレスなく効率よく短時間でムダ毛ケアできる技術を開発しようと考えました。照射時間の限界に挑戦し、20回以上の試作を繰り返して約0.2秒の照射間隔を実現。さらに、手軽かつスムーズにケアできるようにローラーを組み合わせました。お客様のお悩みに、最新技術でお応えする。それが私たちヤーマンの使命と考えます。

*……ローラーモードレベル1使用。

開発本部 山﨑謙太朗
ヤーマン
開発本部 山﨑謙太朗