独自開発の浸透技術「DYHP」を搭載したRF美顔器「フォトプラス プレステージ S」 独自開発の浸透技術「DYHP」を搭載したRF美顔器「フォトプラス プレステージ S」

RF美顔器フォトプラス プレステージ SPhoto PLUS Prestige S

  • フォトプラス プレステージ S
  • フォトプラス プレステージ S
  • フォトプラス プレステージ S

自分史上最高の素肌へ

「水分量」「弾力」「バリア機能」を向上する確かな美容技術で、大人のあらゆる肌悩みにエステのような機能をシンプルな5モードに集約して徹底アプローチ。独自技術「DYHP(Dynamic Hyper Pulse)」を搭載し、お肌を一時的にゆるめて高分子の美容成分もお肌に浸透しやすい環境をつくります。

*……角質層まで。

  • RF 3MHz DYHP イオン導出 EMS 赤・青・橙LED マイクロカレント アイリフトRFテクノロジー 冷却 海外OK *

    * ……保証期間中の無償修理は日本国内においてのみ有効です。
    This warranty is valid only in Japan.

仕 様
  • 定格電源DC9V 2.0A
  • 消費電⼒約15W
  • 使⽤電池リチウムイオン蓄電池
  • 充電時間約3時間
    ※充電環境によって、充電時間は前後します。
  • 外形⼨法約W50×D55×H190(mm)(コットンストッパー付)
  • 製品質量約270g(コットンストッパー付)
  • 材質本体:ABS樹脂
    パネル:ポリカーボネート、アクリル樹脂
    電極ヘッド:PET樹脂/銅(クロムメッキ)
    手元電極:ABS樹脂(クロムメッキ)
  • カラー・型番ダークグレー・M20
  • 製造国⽇本
  • 付属品コットンストッパー、ACアダプター
  • 推奨環境温度15℃~30℃
購入は
こちら

フォトプラス シリーズ 主な実績

2020年

VOCE(8月号)

2020年上半期美容家電ベスコス美肌ケア部門2位
※フォトプラス プレステージ S

2019年

シリーズ累計200万台
シリーズ累計販売台数 累計200万台突破
※ 2013年10月~2019年4月末までのRF美顔器シリーズ累計出荷台数(当社調べ)

特長

DYHP ダイナミックハイパーパルス - 
成分を角質層の奥まで届ける浸透技術

ハイパーパルス×EMS×イオン導入を同時に出力

独自*1の二重リング電極からハイパーパルス、EMS、イオン導入を同時に出力するヤーマン独自「DYHP」。
手で塗るよりも美容成分を角質層の深くまで浸透*2させます。

*1……特許取得番号:6212608号
*2……角質層まで。

ハイパーパルス × EMS × イオン導入

ハイパーパルス × EMS × イオン導入イメージ

RF ラジオ波

3MHzで実現した業務用クラスの美容技術

*……当社業務用美容機器クイーンリフト

LED フォト機能

2種類の光が働き角質層に浸み渡る

こんな方にオススメ

  • 乾燥が深刻。
    化粧水が浸透しにくくなった
  • 今までのスキンケアに手応えを感じない
  • 毛穴が開きっぱなし
  • 黒ずみ毛穴が気になる
  • フェイスラインが気になってきた
  • 目もと周りが気になってきた

一つでも当てはまったあなた
エイジングサインが深刻化する前に
フォトプラス プレステージ Sでの
美顔器ケア

スタートしませんか?

*……角質層まで。

使い方

1.準備

本体のコットンリングを外しコットンを装着する

本体のコットンリングを外し
コットンを装着する

コットンにお手持ちの化粧水やゲルを塗る

コットンに
お手持ちの化粧水やゲルを塗る

2.モード、レベルを選択

モード

POWER/MODEボタンを押すと、CLEAN→EYE CARE → MOISTURE → EMS UP→COOL → CLEAN〈繰り返し〉・・・ の順にモードが切り替わります。

レベル

LEVELボタンを押すたびにレベル1→レベル2→レベル3→レベル4→レベル5→レベル1〈繰り返し〉・・・ の順にレベルが切り替わります。

※初めて使用する場合や使いかたに慣れるまでは、必ずレベル1で使用してください。

※ CLEANモードを選択してからLEVELボタンを押すとイオンのレベルを選択できます。
MOISTUREモードを選択してからLEVELボタンを押すとイオン+ハイパーパルス+EMSのレベルを選択できます。
EMS UPモードを選択してからLEVELボタンを押すとEMSのレベルを選択できます。

※ RF、マイクロカレント、LED、COOLのレベルは選択できません。

3.ケア

  1. CLEAN・MOISTUREモード

    CLEANモード

    • 熱く感じる場合は少し速めに動かしてください。または、コットンなどを使用すると熱さを抑えることができます。
    • 電極ヘッド全体がお肌に触れるように使用してください。
    • 必ずお肌の上を動かしながら使用してください。一箇所にあて続けるとやけど・低温やけどの原因となります。
    • まぶた、目のまわりには電極ヘッドをあてないでください。
  2. EMS UPモード

    MOISTモード

  3. EYE CAREモード

    EYE CAREモード

    目頭から目尻に向かってスタンプを押すように「押しあて→離す→移動」を繰り返してください。
    目もとの乾燥が気になる方は片側約2分、計4分の使用がおすすめです。

    ※3秒以上連続で押しあてないようにしてください。
    ※押しあてながら動かさないでください。

  4. COOLモード

    COOLモード

    顔にスタンプを押すように「押しあて→離す→移動」を繰り返してください。

    ※まぶた、目もとにもご使用いただけます。

LED光(MOISTURE・EMS UP・COOLモード)での
目のまわり、まぶたへのケア

RFブースターパッド、またはコットンは外して目を閉じ、電極ヘッドをお肌から5cm以上離して光をかざしてください。

関連商品

CATEGORY LINEUP

SPECIAL CONTENTS