RRSE120 : ブラシ型2WAYヘアアイロン イージーアイロンブラシ

ブラシ型だから誰でもかんたん。 忙しい朝も大活躍のヘアアイロン。

ブラシ型2WAYヘアアイロン イージーアイロンブラシ

8,381円 (税抜)

忙しい朝も、これ1本で決まる!
誰でもかんたんに使える、ブラシタイプのヘアアイロンです。

  • ヘアアイロン カール ストレート クアトロヒートテクノロジー 二段階温度調節     
  • 型番 / HC3
  • サイズ / W50mm×D50mm×H280mm
  • 質量 / 約275g(耐熱カバー・コード部除く)
  • 消費電力 / 最大約400W
  • 電源コードの長さ / 約1.8m
  • 素材 / 主素材:PET (ポリエチレンテレフタレート)
    プレート素材:アルミニウム (セラミックコーティング)
    ブラシ素材:ナイロン
  • 付属品 / ヘアクリップ2本(色:ブラック/素材:ABS樹脂・スチール・シリコンラバー)、取扱説明書
  • 原産国 / 中国
  • お客さまの声 (口コミ)

8,381円 (税抜)

返品について

通電前8日
通電前の商品で到着後8日以内であれば返品可能

※詳しくはご利用ガイドをご覧ください。

商品について

イージーアイロンブラシの特長

だれでも簡単にスタイリング出来る理由とは?

■ ブラッシング感覚でかんたんスタイリング

ブラシの先端が熱くならないので、普段のブラッシングと同じ感覚で使える! 一般的なヘアアイロンではヤケドをしてしまいがちな、前髪や顔まわり、後頭部のボリュームアップも自由自在です。

根本に内蔵されたヒーターは約190℃の本格仕様なので、ゆっくりと髪をとかすだけでヘアスタイルがするんとまとまります。
やけどの心配が少ないから、時間のない朝でも手早くスタイリング。

■ クアトロヒートテクノロジーで時短を実現。

通常のヘアアイロンには1枚か2枚のヒーターしか入っていないのに対して、イージーアイロンブラシには 4枚のセラミックヒーターを内蔵した“クワトロヒートテクノロジー”を採用。

クワトロヒートテクノロジーだから…
●しっかりスタイリング!
カール部分とストレート部分にそれぞれヒーターを内蔵しているから、1回でスタイリング & 長時間キープ。

●髪へのダメージをおさえる!
摩擦が少ないセラミックヒーターで、髪を傷めずつややかな仕上がりに。
何度もアイロンを当てる必要がないため、髪へのダメージを最小限におさえます。

■ 毎日の服装に合わせて、スタイルの幅ひろがる。

ストレートアイロン、カールアイロン、ドライヤー、ブローブラシ、ホットカーラーなど、さまざまなスタイリング器具をこれ1本に集約!
髪の寝癖やうねりをブラッシングで整えたら、ふんわりボリュームカールも、つややかなストレートも思い通り。
服装に合わせたヘアスタイルをお楽しみいただけます。

お客さまの声 (口コミ)

お客さまアイコン
30代女性

時短できるのがうれしい温まるのが早く、時短でスタイリング出来るところが気に入りました。ブラシタイプでヤケドしにくいので、急いでいるときにも使いやすいです。子育てやお仕事で忙しい方に、ぜひ使用してほしいです。

お客さまアイコン
40代女性

スタイリングが楽しめる一度スタイリングすると巻きが長持ちするので、一日中、気分が軽くなりますね。30mmの太さも、ナチュラルカールを作るのにちょうど良いです。母とふたりで、楽しく使用しています。

お客さまアイコン
50代女性

ボリュームがかんたんアイロンをにぎりながら使用できるので、後頭部のボリューム出しがやりやすいです。スプレーと一緒に使用すると、ツヤとボリュームが出て若々しい印象になるのがうれしいです。

よくあるご質問

使用の際に気を付けることはありますか?
必ず製品に同梱されている「取扱説明書」をよくお読みになり正しくご使用ください。著しく髪が傷んでいる場合は、ダメージを進行させる恐れがありますので、ヘアアイロンの使用はお控えください。
※ 毛髪を巻き込む際は、最大1.5〜2回転までとしてください。毛髪がからまり抜けなくなる恐れがあります。
※ 万が一毛髪がからまった場合は、直ちにメインスイッチをOFFにするか電源プラグをコンセントから抜いて髪をほどいてください。
温度設定は何℃ くらいにしたらいいですか?
髪の傷みが気になる方は、LOW (約170℃) での使用をオススメします。
剛毛 (太毛) や強いクセ毛の方はHIGH (約190℃) 設定でのご使用がオススメです。 はじめてお使いになる方は、電源を入れない状態で、ヘアアイロンの操作に十分慣れてからお使いください。
濡れた髪に使用してもいいですか?
乾いた状態でお使いください。 濡れた髪にヘアアイロンを通すと、髪の水分を必要以上に飛ばしてしまい、髪を傷める恐れがあります。