アセチノヘッドスパリフト アセチノヘッドスパリフト
prev
next
頭皮
首・肩
フェイス
  • 充電式
  • 防水(IPX7)

アセチノヘッドスパリフト

頭皮から引き上げる新しいリフトケア。

12,500円(税抜)

ヤーマンオンラインショップ、楽天、Amazon、
家電量販店の店頭等にて購入できます。

お客様の声
アセチノの効果的な使い方
BEAUTY COLUMN ビューティーコラム
お客様の声
アセチノの効果的な使い方
BEAUTY COLUMN ビューティーコラム

ありがとうございます。
シリーズ累計 200万台を突破!※1

※2011年2月〜2017年7月までの
アセチノシリーズ累計販売数

美容家注目度No.1 アセチノヘッドスパリフト 2018年BAトレンド総研調べ

2冠達成!美容家注目度No.1!※2

※2018年BAトレンド総研調べ

※1 2011年2月〜2017年7月までのアセチノシリーズ累計

※2 2018年BAトレンド総研調べ

樋口賢介

美容研究家 樋口賢介さん

美容研究家 樋口賢介先生もおすすめする!
頭皮ケア美容器

ヘッドスパリフトは頭皮とお顔、両方にアプローチできる、
まさにサロンのヘッドスパのメソッドが詰まった商品です。
今からでも遅くありません。早く始めた人程きれいになれる。

Image Movie

FEATURES特徴

Do you know?

その悩み、頭皮が原因かも?

頭皮とお顔は一枚の皮でつながっています。最近顔が疲れてる?そんな悩みは頭皮からきているかも知れません。頭皮が固くなることで、髪の若々しさが失われるだけでなく、もたついた印象のお顔の原因になります。

Head Spa + Lift Care

ヘッドスパもリフトケアもこれ1台!
2つのエステの手技で頭皮とお顔にアプローチ

お顔のもたつきは、固くなった頭皮が原因。頭皮とお顔は一枚の皮でつながっているので、頭皮をケアすることでお顔全体の印象が変わります。ヘッドスパサロンの「つかみもみ」「つまみ上げ」の2つの技術を再現した心地よい動きで、すっきりとした印象のお顔へ。

01
つかみもみ

48本のシリコンブラシが頭皮にしっかり密着し、毎分約57,600回も頭皮を刺激。プロのハンドテクニックのように、立体的に頭皮をもみ上げます。

02
つまみ上げ

人の指を再現したアタッチメント。フェイスラインに沿ってつまむようにもむことで、お肌を引き締めます。お顔の他にも、デコルテや首、こめかみなどにもお使いいただけます。

Volume Care

頭皮洗浄でボリュームケア

細かい突起のシリコンブラシが髪をかき分けながら、毛穴の奥に詰まった皮脂汚れをかき出します。
髪の毛が根本から立ち上がり、若々しい印象に。タッピング機能付きで毛穴汚れを浮かせて、取り除きます。

Water Proof

お風呂で使える防水仕様*

防水仕様*でお風呂での使用も。
シャンプーをしながらのケアで頭皮の毛穴汚れもすっきり。
温まりながらのケアで気持ちも和らぐ。*IPX7=水深1mのところで30分浸水した状態でも商品内部に浸水がなく、製品としての性能を保持できること

HOW TO USE効果的な使い方

How To Use

2WAYの使い方

01
ヘッドスパ

頭皮アタッチメントを装着します。スピードを選択し、頭皮全体にゆっくりあてて滑らせていきます。シャンプーをしながらでも使えます。
①生え際から頭頂部に引き上げます。
②頭頂部から襟足に向かってすべらせます。

02
フェイスケア

フェイスアタッチメントを装着します。スピードを選択します。軽く当て、フェイスラインに沿ってお顔を引き上げるように動かします。

Pro’s Voice

プロのエステティシャンもおすすめ!

ヘッドセラピスト 前川珠代さん

ヘッドスパ専門店
「Make a Wish銀座・表参道」代表
ヘッドセラピスト 前川珠代さん

頭と顔は一枚の肌で繋がっています。日常のストレスや疲れを多く感じている方は、頭はガチガチにコリ固まってしまいがち。固まった頭皮のままでいると、お肌は伸縮性を失い、お顔もどんどん下がってきてしまいます。だからこそ、頭皮を揉み上げて柔らかくしてあげることがとても大切なのです。

ヘッドスパでは、頭皮洗浄をするだけでなく、頭を柔らかくしてすることで、リフトケアにも繋がります。
※個人の見解です。

サロンのヘッドスパをご家庭で!

アセチノヘッドスパリフト

12,500円(税抜)

サイズ:97×103×105mm
質量:約287g(アタッチメント除く)
連続使用時間:約20分 (満充電時) / 充電時間:約3時間
防水レベル:IPX7
付属品:本体、充電台、ヘッド用アタッチメント、フェイス用アタッチメント

ページトップへ